手足口病

■ 手足口病とは
ウィルス性の感染症です。
夏季に流行する、代表的な夏風邪のひとつです。

■ 諸症状
一般的には以下の様な症状になります。

  • 急な発熱、40度前後まで上がる
  • 口腔内に水疱ができ、後に口内炎のようになる
  • 病名通り、手足口に湿疹が発生する
  • 湿疹は痛痒い
原因となるウィルスが幾つかの型に分かれており、それによって症状が若干異なります。
熱が出たり出なかったり、湿疹の出来る場所が異なったり…

共通していることは、湿疹が手足口に出来ることです。
この湿疹ですが、水泡のようになっている場合は注意が必要で
水泡を破った時に出る液にウィルスが含まれており、感染しやすくなります。
しかし水泡がなく湿疹だけの場合はそれほど感染しないそうです。

口内にも湿疹ができ、口内炎のようにもなることから
食事の際に痛がって食べないことがあります。
ゼリーやポカリなど摂取し易いものを与えると良いと思います。

■ 治療法
特効薬などはなく対症療法になります。
数日で良くなるので心配はいらない疾患です。
熱が高ければ解熱剤を使っても良いと思います。

ウィルスの湿疹なので、ステロイドは厳禁です、うっかり塗らないように。

 

■ メモ
我が家の1号、2号は揃って手足口病になりましたが
40度の熱が2日続いてその後に湿疹が出ました。
熱さえ下がれば子供たちは元気いっぱいでした。

発熱中はのどが痛いとかでなくグッタリして食欲が落ちていたので
「朝バナナ」をあげていました、これはカロリーもあっておすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください