上唇小帯の異常

上唇小帯の異常なんて聞いたこと無いかもしれませんが
小児には割といるのだそうで、我が家は娘二人共上唇小帯です。
大人になってもそのままだと、歯並びに影響があるとか。

■ 上唇小帯の異常とは
上唇の内側に歯茎と繋がる「筋」のような物があります、これが上唇小帯です。

通常ですとこの上唇小帯は歯茎の途中から繋がっているのですが、歯茎全面であったり前歯の間まで繋がっていることがあります。この状態が上唇小帯異常とか上唇小帯癒着とか診断されることになります。大抵の場合は2歳の歯科検診で見つかるようです。

■ なにが問題なのか
歯並びが悪くなる、食欲に影響する、といった所です。これといって大きな障害になることはありませんが、歯並びは気になります。その他、歯磨きをすると歯ブラシが上唇小帯に触れてしまい、擦れて痛いのか非常に嫌がるということもあります。2号がこれで、歯磨きで前歯に取り掛かると嫌がります。

食が細い、歯磨きを嫌がる、と言う場合は一度上唇の裏を見てみてはいかがでしょう。

■ 治療方法
切るだけ、という外科的手術を行います。手法はハサミからレーザーメスまで様々なので医師とよく相談してください。

■ その他
上唇小帯の他、舌小帯や頬小帯の異常なんてものもあります、たまには子供の口の中もよく観察して見ましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください