ヘルパンギーナ

■ ヘルパンギーナとは
ウィルス性の感染症です。
夏季に流行する小児の急性咽頭炎で、代表的な夏風邪です。

■ 諸症状
一般的には以下の様な症状になります。

  • 風邪の諸症状(鼻水、咳)
  • 急な発熱、40度前後まで上がる
  • 口腔内に水疱ができ、後に口内炎のようになる
この内注意するべきは、口内炎の痛みで食欲がなくなり、脱水症状になることです。
ぐったりしている場合は直ぐに医者にかかりましょう。

この他にも、稀にですが以下の様な症状もあるので注意が必要です。
  • 熱性けいれん
  • 髄膜炎
  • 心筋炎
■ 治療法
特効薬などはなく対症療法になります。
数日で良くなるので心配はいらない疾患です。

ただし、回復後も長い間保菌している場合があるため
流行の阻止は難しく、また本症は軽症なため
公の場へ出るのは各個人の判断に委ねられるとこです。

水疱ができることから手足口病と似通うところがありますが
手足口病は手足にも水疱ができることで区別できます。

■ メモ
我が家の1号、2号もヘルパンギーナにかかりましたが
口内炎は軽かったらしく、食欲はそれほどおちませんでした。

また40度の熱があるにもかかわらず元気いっぱいで
1日中遊んでいました、風邪はどうなったのかというくらいです。

鼻水とそれに伴う咳が悪化していましたが、熱が下がると
数日で回復に向かったようです。

ヘルパンギーナは名前だけ聞くと何事かと思いますが
代表的な夏風邪ですので、医者の話しを良く聞いて
水分補給をこまめに行なった上で様子を見るのが良いようです。

とはいえ、40度の熱は心配になりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください