| Category:料理, おかず | Comment

しめコハダ

コハダは、大きさで名前が変わって、
小さい方から、シンコ→コハダ→コノシロ、となります。

シンコの方が骨ばっていなくていいのだけれど、
旬は夏の頃でお値段もそこそこ高いです。
なので少し我慢して、コハダを買ってくるわけです。
もちろん、コハダも美味しい。

材料

  1. コハダ 適当
  2. 塩 適当
  3. 酢 浸かるくらい
  4. 砂糖、醤油 少々
作り方
  1. 鱗をとり、腹か背で開く
    鱗取りは包丁でもいいけど、ペットボトルキャップ使うと楽です
    ちなみに、中骨は後で骨せんべいにしました
     
  2. 塩をして1時間~3時間置く
    塩は立て塩につけてもいい
  3. 酢で塩を洗い流す
  4. 酢、砂糖、醤油を混ぜたものに30分~40分つける
  5. 出来上がり
酢につけすぎると皮が溶けたりします、
かといって不十分だと小骨が目立ちます、
塩につけすぎると身がしょっぱくなります、
何回か試すしか無いですよねえ、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください