| Category:料理, その他 | Comment

アニサキス。

鯖を捌くときにアニサキスがついているわけで、
それってどんなの?って人も少なくない。

ぐぐればいっぱい出てくるんだけど、
先日さばいたときにメモったのでご紹介。

ただ鯖の内臓の写真なので、グロいので注意。

頭と内臓引っこ抜いて、
まな板に乗せた状態だからグロい。

写真は続きから。


いちおう直リンクとかいそうなのでモザイク。
リンク先はグロ写真。


肝のあたりの「◎」こんなのがアニサキス、渦巻いていることが多く、
たまに伸びていたりするけど、摘むと大概丸くなる。

渦巻いているので比較的見つけやすい。

生きてる奴を指で触っても問題はないけど、
体内に入ると胃とか腸に食いつくので危険なので
加熱調理しない場合は、まな板等も十分注意しましょう。


ちなみに写真のアニサキスは
ちょっと内蔵を見回して集めた物であって、
捌いて内蔵抜いたらいきなりこんなにいることはあまりない。

でも大当たりを引くとそんなこともある。
あれはゾッとする。

腸を割ったりしたらもっと出てくるかもしれないけど、
まだ料理中だったのでこれくらいに止めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください