| Category:日記, 写真 | Comment

長野小旅行

同僚らと金夜から出立し長野の桜を撮りに行ってきました。12時過ぎに八王子に集合して八ヶ岳PAで一晩を明かし、そのまま高遠城址公園に行きました。なかなか強行です。

高遠城址公園なのですが高遠の小彼岸桜は有名なんだそうで、たしかに一山すっぽりと桜の木で覆われていました。素晴らしい。しかし肝心の桜の花はまだ早かったようで、満開は来週かな…ちょっと残念だったので、来年また来れたら良いなと思っています。リベンジしたいです。
ちなみに中に入ったのは6時まえ、撤収も7時半くらいとスピーディーでしたが、帰る頃には駐車場は混んでいて、園内も人が増えていました。余裕持っていかないと駄目ですか。

さてこのままではしょうがないと言うことで、別の場所へ移動です。近場で考えたものの思いつかず、駒ヶ根の光前寺もしだれ桜が綺麗だということで行ってみることに。他に店も空いていないですし、時間的にもちょうどよかったこともあり、しかしこちらは全く咲いていませんでした。
ちなみにこのお寺ですが、ヒカリゴケが生えていることでも有名です。探してみてください。

次の目的地は木曽の丸嘉小坂漆器店です。この漆器店ではガラスに漆をん塗った工芸品が買える素晴らしいところ、前に別の店で作品を見て一目惚れしたものです。残念ながら雨も降り出し、写真を撮るのも難しくなったタイミングだったのでちょうど良かったです。こちらはそのHP。
丸嘉小坂漆器店 | Maruyoshi Kosaka Wood & Urushi Works

光前寺からは小一時間で到着したのですが、如何せん入り口がわからない…仕方なく工房で聞いてみると、表の路地から入るのだそうな、これはわからない。さて実際に作品を見てみると、写真とは違ってやっぱり綺麗で、仲間と垂れ鉢を買いついつい皿も衝動買してしまいました。来てよかった。

これで概ね目標は達成したのですがまだ午前中です、なので以前の宿場の続きということで馬籠宿に行くことにしました。ここからまた、1時間ちょっとの移動になります。途中で木曽とちの屋でそばを食べましたが、美味しいですね。

馬籠宿についたのは14時半くらい、順調です。馬籠宿は中山道宿場町の岐阜県入って最初の宿場町になります。長野県、抜けました。ここは奈良井宿とも妻籠宿とも違った雰囲気で、急な坂の先に平野が見えるなんとも景色の良い宿場町です。 ただ600mくらい坂が続くので疲れます。ただ途中のしだれ桜が頃合いで、良い写真も撮れたので良かったです。桜良いですね。 馬籠宿の一番うえにある展望台からの長めも中々でした。まああっちもこっちも山ですけれども。
馬籠宿が終わり、さて帰るかというところで、桜が綺麗だった妻籠宿に17時前というほぼ店がしまった状態ですが日が出ていたので寄り道、こっちは桜が良い感じでした。
ここはここで、たまに来たいですね。今度は店の開いている時間に…そんなこんなで、ちょっと寄り道のつもりが18時位になってしまいました。危険ですね。
今回の小旅行も終了です。楽しかった。

あとは余談なのですが、
帰りは幸い道路も混んでおらず予定通りの帰路で、途中の諏訪湖で花火を見かけたり、追って追われてやってる車を追ってみたり、楽しい帰路でしたが、談合坂SAのフードーコートが様変わりしていてお焼き屋が無くなっていました、悲しい。また別の何かを探さなければ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください