| Category:料理, その他 | Comment

ラー油仕込み。

市販のラー油は甘い。
舞妓はん(ryは物足りない。
石垣(ryもなんか物足りない。
辛いけど(ryはもうラー油じゃない。

というわけで、
ラー油は自作するものと相成った今日この頃、
またレシピをいじくって作ったのでした。


材料、
ネギ2本、玉ねぎ1個、ニンニク一塊、クラッシュした唐辛子、一味。

分量は目安で、みじん切りにした状態で、
ネギ:玉ねぎ:ニンニク:唐辛子+一味が、
2:2:1:1位だった。

調味料、
塩、砂糖、醤油。
各々少々、醤油の量で味と香りが変化しまくり。

油、
オリーブオイル、ごま油。7:3くらいで使ってます。
全部ごま油でもいいけどコストが高すぎるので、ごまかしオリーブ油。

作り方、
鍋に玉ねぎとニンニクを入れて、ヒタヒタより多めのオリーブ油を入れて
ちょっと強火でこんがりするまで揚げる感じ。

きつね色になり、こんがりしたら、
ネギと唐辛子を入れてオリーブ油もその分足して弱火で煮る。

油が唐辛子のせいで赤くなってきたらごま油、塩、砂糖、醤油を入れる。
醤油、今回は大さじ3~4くらいいれたら、なんか餃子みたいな臭いになった。

ここいらで味見するけど、油だけに危ないので、
取皿でしっかり冷まして味見。

で、冷ませば出来上がり。
一晩なじませたほうが美味しい。

醤油を入れるとフライド達がしんなりするけど気にしない。
別にカリカリ感は求めてないし、美味しければそれでいい。


実家に自分用として持って行って、
角煮につけて食べたら美味しかったので
家のラー油はしばらくこれになりそう。

酸化しないように小分け真空パックにして冷凍保存。


輸血パックみたいでちょっとキモイ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください